--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11.21
Fri
時間がなくてちょこちょこしか進められなかったので、コンプまでけっこう時間かかっちゃった。
ちょっと今いっぱいいっぱないので勢いの赴くままに感想と総評。

蓮ルートはさすが真相エンドというべきか、なかなか重い内容でした。
蓮はオールメイトだけど、うちも犬を飼ってるので痛めつけられた時の「キャウン!」とかって鳴き声が聞こえると胸が痛くなりました。暴力ダメ、ゼッタイ!
最新のオールメイトに関心してる蒼葉にもやっとして、見捨てられないように意地を張る蓮きゅんがかわいかった。
なんていうかワンコの蓮きゅんが好きなんです。わたしもぽわぽわしたい。
あとぽわぽわしてる蒼葉たんが本当に本当にかわいくてギュッギュしたかった。

蓮の正体がわかり、自分を暴露する蒼葉たんでしたが、蓮の記憶は蒼葉たんとの思い出がいっぱい。
画面上に映し出された数々の蒼葉たんにンハァァーーーってなりました。
しかしそこからの展開がなかなか凄くてとりあえずバッドエンドから見たんですが、精神的にクルものがありました…。
スチルのえぐいのなんのって。
しばらく放心したよね。
ノイズの時もまあアレでしたけど、蒼葉たんの表情が悲し過ぎてどないかしてあげて!と思いました。
わざととはいえ暴露失敗させてごめんとジャンピング土下座しました。心の中で。

んで、バッドエンドその2はウイトリエンドです。
ウイトリがモルヒネのメンバーだったことを知り騙されたと激昂する蒼葉たん。
しかしケンカでトリップに敵うはずはなく、あっけなくボコボコにされてしまいます。
このまま東江に引き渡されるのかと思いきや、目が覚めたのはベッドの上。
ウイトリは東江と手を組んでいるものの、その目的は楽をすることと楽しみたいからであり、忠誠を誓っているわけではないと。
さらに、東江にはセイがいるから、蒼葉さんが俺たちがもらっちゃってもいいんじゃね?とトリップが言うわけです。
そんなわけで蒼葉たんはじっくりねっとりとウイトリに調教されてしまうのでした…。
ウイルスのオールメイトである蛇にcnkを弄られ、トリップのオールメイトである獅子にckbをべろんべろんされ、痛みさえも快感に変えて喘ぎまくる蒼葉たん。
これはヤバい。
さらに獣姦のあとはウイトリと蒼葉たんのさんぴーです。
まあさんぴーなんてよくあることだけど(そんなことはない)さすがに二○挿しにはびっくりした。
いいぞ!!!もっとやれ!!!(心の声)
これをまた深夜3時くらいにやってたもんだから、クリアした後にベッドに入っても眠れるわきゃねえ。
いや本当に、この素晴らしいスチル1枚までソフト代6000円の価値ありました。
ありがとうございました。

そして真相ルート。グッドエンドでございます。
暴露に成功した蒼葉は初めて蓮の本心を聴き出します。
蓮は蒼葉が生み出した意識であり、個体をもっているわけではない。
蓮はもう一人の蒼葉から蒼葉を守るためにずっと存在してきた。蓮には蒼葉だけだった。
だけど蒼葉が荒れて意識の中の蓮の声が届かなくなってきたことをきっかけに、偶然拾われた旧型のオールメイトに意識をリンクさせて、オールメイトの蓮として外部から蒼葉に声を掛けられるようになった。
ところがライムの事故によって蓮は記憶を失い、自分が蒼葉の分身であることを忘れ、ただのオールメイトとして数年間過ごしてきた。記憶を思い出したのは、オールメイトに感染したワームのおかげだった。
そこで蓮は、本来抱くことのない蒼葉への感情に気付き、もう傍にはいられないと言います。
だけど蒼葉は蓮と離れたくなかった。なんとか一緒にいたくて、蓮を自分の意識ではなく一人の個体として認識することを決めたのでした。
そこから触りたい→いいよの流れです。
犬として生活してきた時間が長かったからか、犬らしい仕草が多くて大変萌えました。顔を舐めるとかね。
おセックスはかなり大胆な体勢でしたね。あれなんて体位だろう?
海の浅瀬で大胆に蒼葉たんが大開脚するのでもうガン見です。
とはいえ、あくまでも蒼葉の頭の中でヤッていうることなので、実際にいたしているわけではない上に、蓮は暴露の世界だから人型として存在しているわけで実際は個体を持っているわけではなく…というか元は蒼葉の意識なわけだし…よく考えるとすごいことしてますよね。
意識が繋がってるから、蒼葉が感じる快感を蓮を感じているし、蓮が関している快感を蒼葉も感じることができる。ようするに突っ込まれる快感と突っ込む快感を両方感じることができるんだそうです。1粒で2度美味しい的な!
でも紅雀の時よりも、蒼葉がすごく蓮のこと大好きなのがビシビシ伝わってきて、お互いの名前を何度も呼びながら抱きあうんですよね。すごくキュンキュンしました。萌えた。
終わった後に、蒼葉たんが脳内世界から出てしまったらこうして蓮と抱きあえなくなるのがさびしいって泣くんです。
とても切なかったです。
現実世界に戻るとセイの最後の力によってオーバルタワーは崩壊してしまった。そして蓮の意識は、オールメイトには戻ることがありませんでした。
理由はわかりませんが、ただ蓮が消えてしまったことに涙する蒼葉。すごく可哀想なんだけど、そのCGが余りにも美し過ぎてしばらく目が離せませんでした。

1年後、いつも通りの日常を過ごしていた蒼葉たん。平凡でバイト中、病院から電話がかかってきました。
お兄さんが入院しているから面会に来て欲しい、と。
電話の相手、ウイルスからだったけど名乗らなかったのはなんでだったんだろう。蒼葉も気付いてなかったぽいし。
まあとにかく兄は死んだものだと思っていたので半信半疑ながらも面会に行きます。
そこで見たのは、セイの姿をした蓮なのでした。
犬の時にしてたみたいにおでこをコツンして「おかえり」って言ったところで終わっちゃうんですよね。
続き!!!!ダンッ!!!って感じでした。


いや~~、フルコンプしてすごく感無量っていうか。
謎のまま残された部分もありましたが、すごくよく出来たシナリオでした。おもしろかったです!!
一言で簡潔に感想を述べるなら「蒼葉たんかわいい」これに尽きます。
とにかく蒼葉がかわいかった。何百回でも言いますけど、可愛かった。男前受け最高です。
ツイッタでも呟いたけど、個人的に印象的だったのは紅雀ルートで、全体的に一番萌えたのはノイズ、一番泣いたのはクリアで、一番興奮したのはウイトリ、一番リコネに期待してるのはミンクルートです。
もちろん蓮ルートでもリコネで甘いのが見られるって信じて疑ってません。
そんなFDですが昨日届きました。この週末に引きこもってやります。
肌色多目らしいので期待に胸が膨らみます。

そんでようやく我慢してたオフィワを開封してみたんですが、各キャラの初期設定とか見れて面白かったです。
特に紅雀とノイズはいろんなパターンがあった模様。蓮のモデルはスピッツの小型犬なんですって。ポメラニアンかと思ってたので意外でした。
書き下ろしの蓮蒼SSが「おかえり」からのその後が描かれてました。
蓮が兄の身体であることで、触れあうことに葛藤する様子が描かれていました。やっぱり蒼葉は偉大だなと改めて感じたのでした。

そんなこんなで無印の感想おしまい。
長々とおつかれさまでした!
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。